筋肉痛が来るトレーニングの方が効果的?


麻布十番のパーソナルジムボディメイキングボックスの筋肉痛考察


麻布十番のパーソナルジム、ボディメイキングボックスです。


会員様から筋肉痛が出ないと筋肉に効いていないのでは?と聞かれる事があります。

このご質問は本当に多いです。

麻布十番の他のパーソナルジムにも通っていたが、筋肉痛が来なくなってしまったのでパーソナルジムを変えた、といった方もいらっしゃいます。

しかし、筋肉痛が来ないことを以てそのジムのトレーニング方法が間違っていたとは言い切れません。


筋肉痛はなぜ起こるか


トレーニング後の筋肉痛

筋肉痛のメカニズムについては、医学的にもまだはっきりとは解明されていません。

一昔前までは、筋グリコーゲンが解糖されて出来る乳酸が原因とされていましたが、さまざまな角度から検証するとエビデンスが不十分で、昨今では有力な説では無くなっています。

 

トレーニングによっては筋肉痛が出やすい種目とそうでないものが有り、負荷の設定やセットの組み方で筋肉痛が来やすい、来にくいは変わって来ます。


筋肉痛は狙うべきか


筋肉痛が来た方がより良いトレーニングなのでしょうか?

現在有力な説は筋肉痛の有無は筋肉の成長には直接的には関係ないというもので、筋肉をつける事が目的であれば筋肉痛が出るような種目のみを選択する必要はないといえます。


筋肉痛のメリットとデメリット


ここでは深く解説しませんが、筋肉にブレーキをかけ、ストレッチしながら負荷を下ろす局面の筋収縮では、速筋繊維が優位に働くためボディメイクに有用といえ、この筋肉の収縮様式では筋肉痛が起きやすいとされています。

この収縮をネガティブと言い、逆に筋肉が短くなりながら収縮する様式をポジティブと言います。

 

しかし、この負荷のかけ方ににフォーカスし過ぎてしまうと関節に疲労を溜め、お怪我の原因となりえます。

また、トレーニング歴が長くなってくると、そのようなトレーニングを行っても筋肉痛は出にくくなりますが、筋肉に効いていないというわけではありません。

筋肉痛の出やすいトレーニング


筋肉の成長に重要な事


筋肉や筋力をアップさせる重要な要素のひとつがトレーニング頻度を上げるということです。

上記のような筋肉痛のでやすい収縮を意識しすぎてしまうと疲労が抜けず、頻度をあげてトレーニングを行うことができません。

その点は筋肉痛が出るトレーニングのデメリットといえるかもしれません。

 

初心者の方はトレーニングをしていてもどこがターゲットの部位か意識するのは難しいケースがほとんどです。

その場合、トレーニングを行なった部位に筋肉痛が出ると、この動きでどのターゲットの筋肉にどのように刺激が入るかがわかりやすく、回を重ねる毎にターゲットが意識しやすくなるため、初心者の方は敢えて筋肉痛を狙うのも良いかも知れませんが、トレーニング歴の長い方は筋肉痛の有無にこだわる必要はありません。    


麻布十番のパーソナルジムでネガティブトレなら


麻布十番でパーソナルジムでネガティブで追い込めるパーソナルジムをお探しなら入会金、登録手続きなしのボディメイキングボックスをご予約ください。

初回限定体験パーソナルトレーニングをお受けいただき、その日に8回回数券(¥48000=1回¥6000)をお買い求めいただくと、初回限定体験パーソナルトレーニング代は無料となります。

ご予約とアクセス

東京都港区麻布十番3-7-5マスコビル麻布弐番館304

下記ボタンから所要約1分でご予約できます。

ご予約は24時間受付中。

営業時間11時~21時(最終セッションは20時~)

定休日無